ヤマハ製電動アシスト自転車は部品検索が可能だ

オートバイや自動車の世界は補修部品は検索できたり、取り寄せをすることが可能となっている。自動車やオートバイは専用部品が多いため、このようなアフターサービスは非常に重要だろう。自転車の世界では部品は規格化されているため、部品についはあまり困らないことが多いが、電動アシスト自転車は専用部品があるため部品供給は重要視されるのは間違いないだろう。

オートバイなどで有名なヤマハ発動機は、世界初の電動アシスト自転車を製造したことでも知られている。そんなヤマハの電動アシスト自転車は部品検索を行うことが可能だ。部品検索をすることで部品在庫の有無を見ることができ、部品の価格も見ることが可能だ。この部品検索は業者でなくても誰でもサイトを見れば部品検索ができるようになっている。

部品情報検索(パーツカタログ) – 部品情報検索,パーツカタログ | ヤマハ発動機株式会社

コメント

  1. YAM より:

    ヤマハの人が言っておりましたがオートバイならパーツの保守期限10年は当たり前のところ、自転車のパーツだと「互換品が使えるから良いでしょ」という感じでパーツがすぐ無くなってしまうので電動アシスト自転車製作の際、自転車パーツメーカーに部品確保の交渉で難儀したと聞いたことがあります。