未分類

ヤマハ・YPJ-Rのオリジナルフレームカスタムモデルで注目したい所。

投稿日:

ここまでやる!? ヤマハの電チャリ『YPJ-R』をオリジナルフレームまで作って魔改造【e-Bikeのスマホ的楽しみ方】

上記サイトはDIGIMONO STATIONのRiz TokyoのYPJ-Rのカスタムモデルの記事。電動アシスト自転車では珍しく、フレームを作ってもらい換装している。因みに、オリジナルフレームに換装した事例は、パナソニック・ジェッターにWELD ONE製のオーダーチタンフレームに換装した例が既にある。このチタンフレーム製ジェッターは八輪庵のサイトで見ることができる。

http://8rinan.blogspot.jp/2015/12/ultimate-al-di2-ti.html

YPJ-Rのカスタムモデルは、前後ディスクブレーキ化等が行われているが、ここで注目したい所はベルトドライブ。日本で売られていないBoschやContinentalのアシストユニットでは、ベルトドライブを採用している物があり、実際に市販車で売られているが、ヤマハ・YPJシリーズ(PWユニット)でベルトドライブを採用したモデルは、知る限りでは見たことがないので、恐らくこのカスタムモデルが初めてではないかと思う。

カスタム金額は100万円らしいが、気になるのはオーダーフレームの価格やどこのフレームビルダーが作ったのかだろう。通常の自転車よりもラインナップが少ない電動アシスト自転車は、希望の電動アシスト自転車を作るのならオーダーフレームを考えないといけないが、実際にオーダーをしたくても情報が少ないからだ。







-未分類

Copyright© シクロライダー・アーカイヴ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.