未分類

ヤマハ・YPJ-Rの航続距離は伸ばすことは可能か考えてみる

投稿日:

ヤマハの電動アシストロードバイク、YPJ-Rの航続距離はカタログでは以下のようになっている。

一充電走行距離(標準パターン)

「HIGH」モード:14km
「STD」モード:22km
「ECO」モード:48km

最長航続距離が48kmと意外と短い。世の中の電動アシスト自転車は航続距離が50kmを超える電動アシスト自転車がたくさんある中で、この距離は不満があると思う。ただ、調べてみるとYPJ-Rは現在の日本の電動アシスト自転車とは違う部分が多く、以下の違いに注目するとこの航続距離はある意味納得がいく。

バッテリー容量は僅か2.4Ah

ヤマハ・YPJ-Rのバッテリー容量は2.4Ahと誤植だと思うほど少ない。このバッテリー容量の少なさは現在日本で販売されている電動アシスト自転車の中でも一番少ない部類に入るのでは?と思うほどだ。参考として嘗て最廉価モデルであったパナソニック・ビビNXはバッテリー容量3.1Ahで最長航続距離がECOモードで17km。ビビNXと比べるとYPJ-Rはどれだけ航続距離があるのがわかるだろう。

バッテリー重量はなんと540g

電動アシスト自転車のバッテリーを持ったことがある人にはわかると思うけど意外と重い。そんな重いバッテリーが多い中、ヤマハ・YPJ-Rのバッテリー重量は540gと軽い。これだけ軽いと長距離走行をするのならバッテリーをもう一本持っていくという考え方もできるが、バッテリーは21,600円と高価なのが玉に瑕だ。

参考サイト:yamaha「YPJ-R」詳細写真&スペック|太ももパンパン店長ブログ

航続距離の走行パターンは通常使用では無さそうな条件

電動アシスト自転車の航続距離の走行パターンは決められている場合が多い。ヤマハ・YPJ-Rのカタログでは以下の条件で航続距離を計測したようだ。

バッテリー新品、常温15~25℃、車載重量(乗員および荷物を合計した重量)65kg、平滑乾燥路面、無風、無灯火状態で、平坦路(1km)、勾配4度の上り坂(1km)を含む全長4kmの標準走行路を設定し、平坦路「変速機・前2、後11」15km/h、上り坂「変速機・前1、後9」10km/h、下り坂「変速機・前2、後11」20km/hで走行し、1kmごとに一旦停止を行ったときのテストデータ。

普通に公道を走るときに、平坦路「変速機・前2、後11」で15km/h、上り坂「変速機・前1、後9」で10km/hを走る条件は自分が考えた限りではあまり思い浮かばない。特にYPJ-Rは推定でロードバイク用ギア比のため前2、後11のギア比は普通の人なら重くて漕げないレベルだ。一般的な使い方ならもっと軽いギアで走行すると思われるので、もう少しは航続距離は長くなるのでは?との期待はあるが実際はわからない。

現時点でYPJ-Rの航続距離を伸ばすのならサブバッテリーを持ち歩くか、アシストを使わないような使い方がベストだと思われる。また発売されていないので実際に購入した人のレビューが欲しい所だ。







-未分類

Copyright© シクロライダー・アーカイヴ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.