未分類

ヤマハのユーロ系スポーツ電動アシスト自転車”YPJライン”の本命 ヤマハ・YPJ-MTB Concept

投稿日:

ヤマハのヨーロッパ圏市場向け電動アシスト自転車ユニット「PWシリーズ」を搭載した電動アシストロードバイク「ヤマハ・YPJ-R」は既に市販車として登場していることが決定している。個人的には電動アシスト自転車は、アシスト機能を生かせるマウンテンバイクやトレッキングバイクに搭載すれば、あらたなモビリティ市場を開拓出来ると思っている。実際にヨーロッパ圏の電動アシスト自転車はマウンテンバイクやトレッキングバイクが殆どだ。

そんなことを考えていたら、東京モーターショー2015でヤマハは電動アシスト自転車のコンセプトバイクを登場させるようだ。それはYPJ-MTB CONCEPTで東京モーターショーで世界初披露となるワールドプレミアモデルだ。

第44回東京モーターショー2015 ヤマハ発動機の主な出展モデルについて - 広報発表資料 | ヤマハ発動機株式会社 企業情報

YPJ-MTB CONCEPTは前サスペンションのみのマウンテンバイクタイプの電動アシスト自転車。ヤマハ・PAS ブレイスLやパナソニック・ハリヤーのように、日本向けのチェーン合力方式を搭載した街乗り用電動アシスト自転車とは違い、ヨーロッパ向けのクランク合力方式を採用し、センターユニット方式では唯一の前多段変速方式ヤマハ・PWシリーズを搭載している。ハイエンドモデルに採用されていることで有名なFOXブランドのサスペンションやディスクブレーキ、前輪の取り付け方式が現代の競技用マウンテンバイクで使用されているスルーアクスル方式?を採用しており、今までの街乗りスポーツ電動アシスト自転車とは違うのがわかる。バッテリー容量は400Whを採用していて、YPJ-Rよりも容量が大きいようだ。

ヤマハ・PWシリーズのコンセプトビデオで登場した電動アシストマウンテンバイクはフルサスMTBだったが、YPJ-MTB CONCEPTは前サスペンションのみのハードテールとなっている、既に海外ではヤマハ・PWシリーズを採用したマウンテンバイクはHaibikeなどから販売されているので実績があるため、YPJ-MTBの市販モデルの可能性はあるだろう。

ヤマハ・PWシリーズのコンセプトビデオ。こちらはフルサスMTB。







-未分類

Copyright© シクロライダー・アーカイヴ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.