未分類

2016年モデルのヤマハの電動アシスト自転車で変化したこと

投稿日:

ヤマハの電動アシスト自転車、PASシリーズの2016年モデルが発表された。

2016年モデルの一番の特徴はスピードセンサーの小型化だ。従来の電動アシスト自転車では、前車輪にスピードセンサーを装備していて、アシスト力を細かく制御できる利点がある。

欠点は駐輪場で破損してしまう事例があるとのことだ。パナソニックの高価格帯の電動アシスト自転車では、スピードセンサーをハブダイナモ風の形状の物があるため、破損してしまう事例はそれなりにあるのかもしれない。

今回のPASに装着されたスピードセンサーは従来のタイプよりも小型化しておりぶつかりにくいようになっているように見える。

新開発の小型スピードセンサーを搭載した2016年モデル 電動アシスト自転車「PAS」2機種を新発売 - 広報発表資料 | ヤマハ発動機株式会社 企業情報
新開発の小型スピードセンサーを搭載した2016年モデル 電動アシスト自転車「PAS」2機種を発売 6.2Ahリチウムイオンバッテリー搭載の「PAS ナチュラ M」新登場 - 広報発表資料 | ヤマハ発動機株式会社 企業情報
新開発の小型スピードセンサーを搭載した2016年モデル 電動アシスト自転車「PAS」3機種を発売 「PAS Ami」「PAS CITY-L5」「PAS CITY-S5」 - 広報発表資料 | ヤマハ発動機株式会社 企業情報







-未分類

Copyright© シクロライダー・アーカイヴ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.